コンテンツへスキップ

パチンコやパチスロで遊びたい欲求が消えないので借金してしまう

父親は仕事帰りや休日にパチンコで遊ぶことが多く、勝った時はお小遣いをもらうことがありました。そのため、パチンコは儲かる遊びなのでいつか自分もチャレンジしようと考えていました。20歳で大人になったことをきっかけに、パチンコデビューを果たしたわけですが、初回でいきなり2万円も負けてしまいました。ビギナーズラックを期待していたので、まさかこのような結果になるとは思っておらず、とにかく残念でした。しかし、まだ2万円を失っただけですし、連勝すればすぐに取り戻せるので、止めることはなかったです。

ところが、1か月間通い続けた結果、何と20万円も負けていたので自分には向いていない遊びと判断して止めました。それからしばらくはパチンコから離れていたのですが、会社の同僚に誘われて人生で初めてのパチスロを遊技した際、何と3時間遊んで10万円もプラスになりました。たったの3時間で10万円も儲かりましたし、演出も面白かったので次の日からパチスロをやり続けました。1か月間続けた結果、最終的にはプラス5万円でフィニッシュしました。以前、パチンコを1か月間遊技し続けた時はマイナス20万円だったことを考えると、プラス5万円はとても良い結果です。そのため、パチスロなら稼げそうですし、良い副業になる予感がしたので続けることにしました。

ところが、翌月はマイナス5万円、翌々月はマイナス10万円と負けが多くなり、その年はマイナス35万円もパチスロで失いましたが、未だに止められずにいます。遊技するためのお金がない時は基本的に我慢しますが、どうしても遊びたい時はキャッシングやカードローンでお金を借ります。どちらも高金利なので借りるべきではないことは理解しています。しかし、パチンコやパチスロで大当たりした瞬間や大負けからプラス収支の体験はとても気持ち良いので、また味わいたくなってしまいます。現在、消費者金融のキャッシングやカードローンでの借入は40万円まで膨らんでいます。これ以上増やすべきではないですが、遊びたい欲求はなかなか消えてくれません。

ちなみに消費者金融選びはこのサイトを参考にしました→https://xn--h9jdr.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です